抗うつ剤をしって服用して適切に治療しよう

何も手に付かない?

抗うつ剤のチカラ

抗うつ剤を服用する理由

うつ病の治療には欠かせない抗うつ剤ですが、その具体的な効果についてはご存知でしょうか。この抗うつ剤、その名の通り、うつ症状を軽減する効果が高く、うまく活用していくことでうつ病をより早く克服することができるのです。 抗うつ剤は基本的に始めのうちは少量から、そして徐々にその量を増やして使用していきます。はじめのうちから服用の量が多いとそれだけ体への負担も大きくなるため、医師との相談の上、少しずつ様子を見ながらの増量となっていくのです。 基本的に抗うつ剤の効果を実感できるまでには1、2週間程度かかります。というのも、抗うつ剤は時間をおいてその効果が出てくるため、どうしても飲み始めには多少のブランクが発生するのです。

副作用の内容とその発生期間

抗うつ剤には副作用が付き物とされています。副作用の中でも代表的なのが口の渇きやめまい、頭痛や腹痛などの症状です。程度の違いはありますが、そのどれもが服用を始めて初期の段階で現れることが多いため、注意が必要です。ほとんどのケースで、それらの副作用は服用開始後2週間以内には収まってくるので、さほど心配する必要はありません。ですが、抗うつ剤の効果が高ければ高いほど、その副作用も強くなる傾向にあるため、服用する薬の種類によっては事前に医師に相談したほうが良いというケースもあります。 どちらにしろ、あまりに副作用が強く我慢できないほどのものであれば、出来るだけ早く担当の医師に相談しておくことをおすすめします。薬との相性もあるので、必要に応じて薬の変更がなされるかもしれません。

向精神薬の一種である抗うつ剤

抗うつ剤は、うつ病の治療として用いられる向精神薬の一種です。うつ状態や不安感などの改善が見込めるとして、うつ病の治療ではごく一般的に用いられています。 また、抗うつ剤の中にも様々な薬の種類があり、医師の判断によってそれぞれの薬が処方されます。基本的には医師の処方箋がなければ購入する事が出来ないため、まずは病院に行ってうつ病かどうかの診断を受ける事が必要です。 さらに、抗うつ剤は他の医薬品同様、人によって副作用が現れることもあります。副作用の出方には個人差がありますが、あまりにも副作用が強い場合には服用を中止した方がいい場合もあります。副作用が出た場合にはかかりつけの医師に相談してみるといいでしょう。

きちんと服用すれば症状を抑えられる

抗うつ剤は、きちんと用法・容量を守って服用する事でうつ病の症状を抑える事が出来ます。うつ病の症状は自分で抑えようと思っても抑えられる物ではありませんが、抗うつ剤を使う事で症状を抑えつつ生活する事が出来るのです。 うつ病患者の中にも、抗うつ剤を使いながら仕事や社会生活を続けている人もいます。うつ病は社会復帰が難しいなどとも言われますが、抗うつ剤を使って症状をコントロールすれば可能なのです。 ただし、抗うつ剤は依存性の高い薬としても知られています。 医師の中にもあまり服用を勧めない人もいるため、必ずしもうつ病の治療に抗うつ剤が使用されるというわけではありません。うつ病の症状に合わせて治療方法を変えて行く事が重要なのです。

早め早めの診断が大切

うつ病かもと心配になった際は早めに病院に行きましょう。自身を追い込んでしまってからでは遅いのです。心療内科にいけば抗うつ剤を出してくれたりと、適切な処置を期待できます。

READ MORE

見極めが肝心

うつ病なのかどうか。これは一般人では中々見極めが難しい所です。自身で判断する前に心療内科を受診して医師に見極めてもらうのが一番です。なにかあれば抗うつ剤を服用することでより早く回復に向かえます。

READ MORE

上手な付き合い方

抗うつ剤は効果が出るまで時間がかかります。1時間やそこらの期間ではなく、日にち単位で毎日摂取することでやっと効果が現れるので、早めに諦めず、じっくり摂取をしていく事が寛容です。

READ MORE

うつと医師と薬と

抗うつ剤は副作用がある薬ですが、医師と相談して、服用の量を調整することで効果とのバランスを保つ事ができます。自身で判断すること無く、医師に相談して服用のペースを決めましょう。

READ MORE

治せる病

うつ病は決して治すことの出来ない病ではありません。現代では抗うつ剤という薬が開発され、薬物療法による治療が可能となっています。一人で悩まずまずは医師に相談してみましょう。

READ MORE