抗うつ剤をしって服用して適切に治療しよう

うつと医師と薬と

うつと抗うつ剤との関係について

うつ病になった人の治療法として、十分な休養をとるとともに医師から抗うつ剤を処方されることになります。 強いストレスを感じたり、過度な労働のためにうつとなった場合には、ストレスや仕事から離れることで気持ちが和らいできたりするものです。 このように生活を変えることといっしょに、医師から処方された抗うつ剤を服用していくことになるのです。 抗うつ剤を服用する場合には、医師の指示に従うことが大切となってきます。 うつ病のために不眠症になっている場合には、不眠症の薬といっしょに処方するのですがまず不眠症を緩和させることが大切となってきます。 そのためにも、うつ病の症状についてきちんと医師に伝えることが大切となるのです。

医師の診断と副作用について

医師から処方された抗うつ剤に対して不安がある時は考えられる副作用について説明を受けたほうがいいでしょう。 抗うつ剤の中には、うつに効くよりも早く副作用のほうがすぐに出てしまうことがあるのです。 副作用はすぐに症状として出て、薬としての効用は後から効いてくるという特徴があるのです。抗うつ剤は効くのに時間がかかるものであり、思いもしない副作用が出ても根気よく服用していくことが大切なのです。 また、服用しているうちにうつ病の症状が良くなり治ったと自己判断をしてはいけないのです。 確かに良くなってきたとはいえ、根本的な病気の治癒とはなっていないのです。 完治したという診断をするのはあくまでも医師なので、それまでは指示通りに薬を服用していくようにすることです。