抗うつ剤をしって服用して適切に治療しよう

見極めが肝心

抗うつ剤の副作用について

抗うつ剤とはうつ病の症状を軽減するために使用する薬のことで、その高い効果から薬物療法の際には必ずと言っていいほど使用されてきました。もちろん、人によっては使用されないケースもあるのですが、中には比較的副作用の少ないものもあるのでうつ病患者にとってはメリットの大きい薬なのです。 抗うつ剤でよく注目されているのがその副作用です。副作用としてよく挙げられるのが、口の渇きやめまい、下痢や吐き気といった症状です。これらの症状は抗うつ剤を飲み始めて最初の段階で現れることが多く、時間の経過と共に薄れていきます。大抵は服用開始から2週間以内に症状は治まっていくのですが、場合によっては薬が体に合っていない可能性もあるので注意が必要です。 あまりに副作用が強い場合、もしくは症状が長引く場合は担当の医師に相談してみるといいでしょう。

薬の効果と躁状態の見極め

抗うつ剤は服用することでうつ状態を軽減することができます。そのため、人によっては飲み始めて初期の段階に副作用として気分の高まり、躁状態のような言動がみられることもあります。夜眠らなくなったり、言葉数が異常に多くなったりとその症状は様々ですが、時には注意が必要なケースもあります。 というのも、本人はあくまで「少し調子が良くなった」という程度にしか認識していなくても、実はそこに別の病気が隠れていたということがあるのです。それが躁鬱病です。うつ病の治療をしていく中で発見されることが多いこの病気の症状は、抗うつ剤の副作用で現れる症状と酷似しているため、専門の医師にしか判断することができません。躁うつ病の場合、うつ病とは別の治療が必要になってくるので、躁状態の症状があまりに目につく場合は担当の医師に相談してみましょう。