抗うつ剤をしって服用して適切に治療しよう

上手な付き合い方

抗うつ剤の効果が現れるまで

抗うつ剤の特徴の中には効果が現れるまで時間がかかるというものがあります。 この期間は薬の量や体質などにより差が生じますが、おおよそ1週間〜2週間くらいと言われています。 この特徴は比較的早く効果を現す抗不安薬とは異なる面になります。 抗うつ剤か身体に作用するには脳の代謝との関わりが深く、そのバランスが整うまでには時間がかかるからです。 薬の種類によっては比較的早く効果が現れるものもあります。 しかし、処方されている薬の量が少量の場合などは、これ以上に時間がかかることもあります。 この薬は、最初少量からはじめ少しずつ増やしていくことも多いです。 焦らずに医師や薬剤師の指示に従い、服用することが最も重要になります。

薬との上手な付き合い方

一方で抗うつ剤による副作用は服用してすぐに現れてしまいます。 最初の1週間〜2週間は効果が発揮しないのにも関わらず、副作用があり嫌悪感を抱く人も少なくありません。 だからといって服用を中断してしまっては治療の妨げになってしまいます。 焦らずにじっくりと待つことが、抗うつ剤との上手な付き合い方と言えるでしょう。 どうしても辛い場合は医師に相談し、抗不安薬との併用を視野に入れることをお勧めします。 併用することで抗うつ剤の効果が現れるまで症状を和らげることができます。 抗うつ剤の効果が現れたころに少しずつ抗不安薬を減らしていく方法です。 どのような場合にも、医師とよく相談しながら薬の調節を行ってください。 自分に合った治療が症状緩和に繋がると思います。